アクセスランキング

お知らせ
【私的連絡】ブログ移転しました
過去記事は引き継がないので、こちらも残しておきます。
【私的連絡】更新はtwitterでお知らせしています。フォローはこちら↓


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【DQMSL】はめつの使者の性能とオススメ特技(更新)

LIoigbxza

スマホの方は横画面推奨

■ステータス

  ☆無 ☆1 ☆2 ☆3 ☆4
HP 624 650 676 703 731
MP 370 386 402 419 436
攻撃力 318 332 346 360 375
防御力 314 328 342 356 371
素早さ 334 348 362 377 392
賢さ 362 378 394 410 427
系統 悪魔 必要経験値(~lv80) 677,737 入手方法 ふくびき(A,S)

■耐性

メラ   ヒャド   ギラ 半減 バギ   イオ 半減
デイン   ドルマ 半減 ザキ 無効 マホトン 無効 マヌーサ  
無効 眠り   混乱   マヒ 半減 息封じ  

■特技&特性

特技 習得レベル 消費MP
ベギラゴン 14 74
デスファイア 21 33
特性
呪文会心出やすい
ギラ系のコツ
リーダー特性
悪魔系 賢さ+18%

■卵で付けられる特技

(じごくのつかい→あくましんかん、あくましんかん→はめつの使者時限定)

(じごくのつかい→あくましんかん時限定)

(じごくのつかい→あくましんかん時限定)

hametsu-skills

*タマゴロンの隠れ家限定
★イベントミッション限定(再開催まで入手不可)
☆通常ミッション限定(入手は1つだけ)
入手先一覧はこちら

■用途別評価

評価 一言
究極転生への道 ☆☆★★★
★★★★★
賢さとMPが高く、呪文パでの攻略に最適なモンスター。物理パで攻略する際の回復役としても使える。他にもMPと賢さが高いモンスターはいるが、やはり”ザオリク”が使えるというのは大きい。
耐性面でもそこそこ相性がいい。特にマホトーン無効は回復役としては重要な要素と言える。
問題は、”ベギラゴン””デスファイア”という燃費の悪い特技を覚えてしまっている事。さほど瞬間火力が必要にならないこのダンジョンにおいては転生前のあくましんかんの方が使いやすかったりする。”ザオリク””ベホイミ””ライデイン”というこのダンジョン攻略時の理想を実現したいのであれば、転生前を使おう。
クシャラミ降臨 ☆☆☆☆★
★★★★★
タマゴロンの隠れ家で”イオラ”卵を入手していれば、弱点を突く事ができる。”イオラ”が使えない場合は、残念ながら補助要員になるしかない。しかし、”イオラ”を覚えさせても使うのはクシャラミ戦くらいなので、覚えさせる価値があるかどうかはかなり微妙。
”イオラ”を使わない場合は”ベホイミ””ピオリム””ザオリク”での補助が中心になる。攻撃面での貢献は期待できない事を考えると『○ラウンド以内にクリア』のミッションには適さない。
バルバルー降臨 ☆☆☆★★
★★★★★
ほぼ物理戦になるバルバルー戦では、呪文型モンスターの相性は悪い。自慢の”ベギラゴン”も”デスファイア”も半減される為、パーティ内での貢献は補助面での貢献になる。
やれることは”ピオリム””ベホイミ””ザオリク”での補助しかので、『○ラウンド以内にクリア』には適さない。
耐性面ではなかなか相性が良い。バルバルーの”ポイズンブレード”による毒も”まふうじのまい”によるマホトーンも無効化できる。毒で足を引っ張る事も無く、呪文が使えない事も無い。その点を考慮すると並の回復役よりは確実に役に立つ。
カカロン降臨 ☆★★★★
★★★★★
ギラ系に弱いカカロンには”ベギラゴン”とギラ系のコツが突き刺さる。カカロンフードの片方もギラに弱い為、全体に攻撃が分散する点もさほど気にならない。”シャインスコール”でマヌーサ状態にされようが必中で大ダメージを出せる点は物理型モンスターよりも有利。”はげしいビンタ”によるマインドだけはどうしようもない為、”マインドバリア”要員は用意しておきたい。
ギラ系のコツのおかげで”ベギラゴン”を連発していても”ザオリク”を使えるMPが残る。いざ仲間が落ちても”ザオリク”を使うMPが残されているというのは心強い。
ドメディ降臨 ☆☆☆☆★
★★★★★
ドメディにギラ系呪文が等倍で入る為、”ベギラゴン”で最低限のダメージを与えることは可能。しかし、全体呪文であるが故にダメージが分散する。最優先で倒したいドメディに効率的にダメージを与えられないのは痛い。
攻撃要員として参加させるよりは、補助要員として参加させる方が効率的。1ラウンド目、ドメディの”ディバインスペル”&会心でいきなりこちらの主力アタッカーが落とされる事もある。そう言った場合に備えて”ザオリク”要員がいると、諦めなくて済む。ただし、補助要員を入れていてもドメディを倒せるだけの戦力がある事が前提。そもそもクリアできないような段階で入れるのは無謀。楽にクリアする為の手段ではなく、安定した周回を求める場合のみの起用になる。
闘技場 ☆☆☆★★
★★★★★
”ザオリク”が使える。それだけで厄介な為、対人戦では集中攻撃を受けてしまう。素早さがさほど高く無い点を考えると、”みがわり”無しでは動く事すら難しい。
”みがわり”で守った1ラウンド目に何をするかで戦況が大きく変わる。”デスファイア”で単体300程度のダメージを出すか、”ベギラゴン”で全体に大ダメージを与えるか。相手の耐性に応じて効率的な方法を選ぶと良い。
”みがわり”がいなくなった2ラウンド目は、残念ながら動くまでに落とされるので行動できない。1ラウンドに何をさせるかが本当に大切。
AI戦では通用しないが、はめつの使者にカウンター要素として”斬撃よそく”を覚えさせる手がある。限定の卵を使う事になるが、一人でいくつかの特技対策をできるのは大きい。

■転生素材

とくぎてんせい
master-egg-sghost-egg-sdevil-egg-sbone-egg-sking-egg-s

■まとめ

”ザオリク”のおかげでどこへでも連れて行く事ができます。MPが豊富な点も特技と合っていて良いですね。
ギラ系のコツを活かせる”ベギラゴン”は、全体攻撃なので1体に対する威力は物理型モンスターに敵いません。レイド戦等で1体が相手の場合は”デスファイア”を使うか物理型モンスターに攻撃を任せた方が良いでしょう。
闘技場では…AI相手なら良いのですが、やはり対人戦で使うのは厳しいですね。”斬撃よそく”の卵を使っても良いのなら相手を驚かせることができますが、使えない場合はデコイにしかなりません。
オススメ特技は「ザオリク、ベホイミ」(限定卵除外)
究極転生への道でのみ、”ライデイン”が役に立ちますが、他では微妙なので除外。

■転生前

あくましんかんの性能とオススメ特技

目次へ戻る

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 ゲームブログ スマホ・携帯アプリゲームへ


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。