アクセスランキング

お知らせ
【私的連絡】ブログ移転しました
過去記事は引き継がないので、こちらも残しておきます。
【私的連絡】更新はtwitterでお知らせしています。フォローはこちら↓


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【DQMSL】スケアリードッグの性能とオススメ特技(更新)

FEjgla

スマホの方は横画面推奨

■ステータス

  ☆無 ☆1 ☆2 ☆3 ☆4
HP 678 706 735 764 794
MP 211 221 231 241 251
攻撃力 445 463 482 501 521
防御力 351 367 383 399 415
素早さ 312 326 340 354 369
賢さ 225 235 245 255 266
系統 魔獣 必要経験値(~lv80)   入手方法 ふくびき(B,A,S)

■耐性

メラ 無効 ヒャド 弱い ギラ   バギ 半減 イオ  
デイン   ドルマ   ザキ 半減 マホトン   マヌーサ 半減
半減 眠り 弱い 混乱   マヒ   息封じ  

■特技&特性

特技 習得レベル 消費MP
かみくだき 15 28
はげしいおたけび 21 24
特性
会心出やすい
ひん死で会心
リーダー特性
魔獣系 防御力+15%

■卵で付けられる特技

(ヘルジャッカル→スケアリードッグ時限定)

scarydog-skills

*タマゴロンの隠れ家限定
★イベントミッション限定(再開催まで入手不可)
☆通常ミッション限定(入手は1つだけ)
入手先一覧はこちら

■用途別評価

評価 一言
究極転生への道 ☆☆☆☆★
★★★★★
HPと攻撃力が飛びぬけているが、AI○回行動が無い為通常時の削りはさほど高くない。MPが低い事もあって通常時は素殴りしかできない為、ちょこちょこ撃つだけの”はげしいおたけび”では貢献具合としては微妙。AI○回行動のアタッカーがいない場合は起用しても良い。程度。
ヘルバトラー戦では”はげしい炎”を無効化できるが、ブラックドラゴンがいる戦闘では”こごえる吹雪”に大ダメージを受ける。戦闘毎のダメージ幅が大きい為、消して安定感があるとは言えない。
クシャラミ降臨 ☆☆★★★
★★★★★
短期決戦になる降臨戦ではMPを気にせずに特技を使える為、MPの低さが足を引っ張らない。”かみくだき”を使ってクシャラミの攻撃力を下げることができれば全体的な安定感が増し、防御力を下げれば味方の火力を増強できる。AI○回行動こそ無いものの、”かみくだき”自体の威力とダウン効果付与を考えれば並のモンスター以上の貢献度。その上、必要なダウン効果を付与した後は”はげしいおたけび”によるマインド状態付与へとシフトできる為、無駄が無い。
子分が使う”メラゾーマ”に完全な耐性を持っているのも助かる。
バルバルー降臨 ☆☆☆★★
★★★★★
ほぼ物理戦になるバルバルー戦では物理型モンスターは相性が良い。AI○回行動こそ無いが、高い防御力と攻撃力を”かみくだき”で下げられるのは大きい。攻撃力2段階ダウンが入ればバルブレードが使う”バイキルト”も帳消しにできる。”かみくだき”のダウン効果付与が終われば、”はげしいおたけび”にシフトすると良い。
バルバルーが使う”ポイズンブレード”に半減の耐性を持っているものの、バルブレードが使う”まどろみ斬り”の睡りには弱い。”まどろみ斬り”を使われる可能性は低いが、最悪1ラウンド目から動けなくなる事も。
カカロン降臨 ☆☆☆☆★
★★★★★
物理型モンスター共通だが、カカロンの”シャインスコール”によるマヌーサ状態が怖い。一度入ってしまえば自慢の”かみくだき””はげしいおたけび”がほぼ無効化されてしまう。一応半減の耐性を持ってはいるが、あくまで半減。安定はしない。
マヌーサ状態になってしまった時の為に”ピオリム””まぶしい光”を覚えさせておけば最低限の働きはしてくれる。そういった状況の為に備えておくか、マヌーサ半減を信じてそのまま突っ切るかは自己判断で。
ドメディ降臨 ☆☆☆☆★
★★★★★
これと言って相性の良い耐性は無いが、HPの高さで”マダンテ”とひつじの攻撃を受けても耐えきる事ができる。更に、”マダンテ”直後に減ったHPをそのまま維持し続けることで驚異の会心率を誇る。当然、”かみくだき”にも会心は乗る。しかし、そのHPを維持することが困難な為、あまり期待はできない。HPが減っている時に”かみくだき”が使えたら良いな程度の期待にしておきたい。
もうひとつの特技”はげしいおたけび”は残念ながらあまり活躍の場がない(ドメディに効かない)。
闘技場 ☆☆☆☆★
★★★★★
足が遅く、闘技場には向かない…が、元々HPが異常に高い為、☆が付いて入れば話は別。☆4にした場合の防御とHPはかなりの値で、そこそこの相手との戦いなら1ラウンド目を耐えきる事ができる。足の遅さは割り切って、自分の行動順まで耐えきった上で”はげしいおたけび”や”かみくだき”を発動させれば良い。
問題は”はげしいおたけび”という厄介な特技を使えるが故に集中攻撃され易い事。流石に2,3匹に集中攻撃された場合は生き残るのは難しい。

■転生素材

とくぎてんせい
master-egg-stask-egg-sbear-egg-sgorem-egg-sking-egg-s

■まとめ

驚異のHPと攻撃力が光ります。HPだけには自身があったクラーゴンも涙目です。
AI○回行動が無い代わりに、そこそこ恵まれた特技を与えられています。高い攻撃力を1回行動で活かす為には強い特技が必要なので、その辺りの配慮と言う事でしょう。
ただ、MPという規制がある以上長期戦になるダンジョンでは素殴りがメインになってしまいます。流石に素殴りではAI○回行動持ちに敵いませんから、真価を発揮できるのはMPが持つ範囲のダンジョンだけになってしまいます。
オススメ特技は「ふうじん斬り、ブリザーラッシュ、じひびき」(限定卵除外)
マヌーサ状態で手が出せなくなるカカロン戦だけは”ピオリム”も有でしょう。

目次へ戻る

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 ゲームブログ スマホ・携帯アプリゲームへ


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。