アクセスランキング

お知らせ
【私的連絡】ブログ移転しました
過去記事は引き継がないので、こちらも残しておきます。
【私的連絡】更新はtwitterでお知らせしています。フォローはこちら↓


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【DQMSL】ベリアルの性能とオススメ特技

berial

スマホの方は横画面推奨

■ステータス

☆無 ☆1 ☆2 ☆3 ☆4
HP 552 576 600 624 649
MP 262 274 286 298 310
攻撃力 381 397 413 430 447
防御力 364 380 396 412 429
素早さ 280 292 304 317 330
賢さ 360 376 392 408 425
系統 悪魔 タイプ 魔法 必要経験値(~lv80) 903,648 入手方法 ふくびき(B,A,S)

■耐性

メラ   ヒャド 半減 ギラ   バギ   イオ 吸収
デイン 弱い ドルマ   ザキ 半減 マホトン   マヌーサ 無効
  眠り   混乱 半減 マヒ 弱い 息封じ  

■特技&特性

特技 タイプ 習得レベル 消費MP
イオラ 呪文 9 37
火炎の息 18 23
特性
AI1-2回行動
---
リーダー特性
全系統 MP+10%

特技名やリーダー特性の対象をクリックすると関連情報が展開されます

■卵で付けられる特技

(アークデーモン→ベリアル時限定)

(デザートデーモン→アークデーモン時限定)

berial-skills

*タマゴロンの隠れ家で入手
▲魔法のダンジョンで入手
★イベントミッションorメダル交換で入手(再開催まで入手不可)
☆通常ミッションで入手(入手は1つだけ)
入手先一覧はこちら

■用途別評価

究極転生への道
呪文型モンスターだがそこそこ攻撃力も高く、行動後の追撃が思いの外削ってくれる。
とりあえず、”ライデイン””ベホイミ”を覚えさせておけば並かそれ以上の働きはしてくれるが、麻痺耐性が低い点だけは注意。麻痺になる”やけつく息”を使うごくらくちょうは出現個所が多く、運が悪いと数か所で足を引っ張る可能性がある。
クシャラミ出現
“イオラ”を覚えられる為、呪文パで攻略する際に活躍してくれる。そこそこ賢さが高い事もあり、削り具合もなかなかの物。
しかし、子分に”呪文返し”を使われてしまった場合、途端に何もできなくなってしまう。
”いてつくはどう”持ちモンスターを用意するか、”呪文返し”を使われる前に子分を処理したいところ。
バルバルー出現
ほぼ物理攻撃での殴り合いになる為、呪文型のモンスターは相性が悪い。
ベリアルに限ってはそこそこ攻撃力とAI1-2回行動を持っている為、他の呪文型モンスターよりは貢献できる。
基本は回復役として使い、そのおまけで殴って貰えば良いだろう。”まふうじのまい”で呪文を封じられても殴りでそこそこ削れるのは嬉しい。
カカロン出現
“べギラマ”を覚えられない為、攻撃呪文での貢献は難しい。
しかし、カカロンが使う”シャインスコール”のマヌーサ状態に完全な耐性を持っている為、素殴りでもそこそこ役に立てたりする。
基本は回復役として使い、余裕があれば素殴りで削ると良いだろう。
ドメディ出現
ドメディに対する有効的な攻撃手段を持っていない為、やや使い辛い。
回復役を任せようにも、ドメディ戦では”マダンテ””ディバインスペル””じひびき”といった全体的にダメージを受ける攻撃が多く、”ベホイミ”では追いつかなくなってしまう。
回復にも攻撃にも力不足を感じる為、他に候補がいるのであればそちらを起用した方が良い。
マガルギ出現
 

■転生素材

とくぎてんせい
master-egg-sghost-egg-sdevil-egg-sbone-egg-sking-egg-s

■まとめ

インフレが進む前は攻撃も呪文もそこそこの万能型モンスターでしたが、今となっては旧モンスターとして牧場で眠っている事が多くなっています。
どうしてもというこだわりが無いのであれば、地図から出す必要すらないのが現状です。
今後”新生転生”の対象になればワンチャンスあります。餌にせず、大切に残しておきましょう。
オススメ特技は「ライデイン、ベホイミ、ドルクマ」(限定卵除外)  
幻魔等に連れていく場合は補助系魔法重視も良いかもしれません。(“ピオリム”、”スクルト”、”まぶしい光”等)

目次へ戻る

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 ゲームブログ スマホ・携帯アプリゲームへ


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。