アクセスランキング

お知らせ
【私的連絡】ブログ移転しました
過去記事は引き継がないので、こちらも残しておきます。
【私的連絡】更新はtwitterでお知らせしています。フォローはこちら↓


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【DQMSL】ワイトキングの性能とオススメ特技(更新)

wight

スマホの方は横画面推奨

■ステータス

☆無 ☆1 ☆2 ☆3 ☆4
HP 481 501 522 543 564
MP 298 310 323 336 349
攻撃力 337 351 366 381 396
防御力 312 326 340 354 369
素早さ 310 324 338 352 367
賢さ 398 414 431 448 465
系統 ゾンビ タイプ 魔法 必要経験値(~lv80) 903,648 入手方法 ふくびき(A,S)

■耐性

メラ 弱い ヒャド 無効 ギラ   バギ 無効 イオ 無効
デイン   ドルマ 無効 ザキ 半減 マホトン   マヌーサ 弱い
半減 眠り 弱い 混乱   マヒ 無効 息封じ 無効

■特技&特性

特技 タイプ 習得レベル 消費MP
バギマ 呪文 8 26
こおりの息 18 26
特性
呪文会心出やすい
---
リーダー特性
全系統 賢さ+10%

特技名やリーダー特性の対象をクリックすると関連情報が展開されます

■卵で付けられる特技

(なげきのぼうれい→ワイトキング時限定)

wight-skills

*タマゴロンの隠れ家で入手
▲魔法のダンジョンで入手
★イベントミッションorメダル交換で入手(再開催まで入手不可)
☆通常ミッションで入手(入手は1つだけ)
入手先一覧はこちら

■用途別評価

究極転生への道
高いMPと賢さを持っている為、呪文パでの攻略時に活躍できる。リーダー特性も呪文パ攻略時に役に立つ為、他に良いモンスターがいないのであればリーダーにするのも良い。
基本的には”ライデイン”と”ベホイミ”を覚えさせてそれぞれ必要なタイミングで使っていくだけでクリアできる。耐久力がかなり低い為、会心で即死した場合には不運だったと割り切るしかない。
耐性面の相性も1点を除けばかなり良い。ブラックドラゴンの”こごえる吹雪”に完全な耐性を持ち、ごくらくちょうの”しんくうは””やけつく息”にも完全な耐性を持っている。それに加えてヘルバトラーの”イオラ”も無効化してしまう。ヘルバトラーの”はげしい炎”だけは弱点に突き刺さってしまう為、ヘルバトラー戦は少しHPに気を払っておきたいところ。
クシャラミ出現
タマゴロンの隠れ家で”イオラ”の卵を手に入れていれば、クシャラミの弱点を突く攻撃ができるようになる。持っているのなら検討しても良い。”ベホイミ”だけ覚えさせて回復役に専念させるのも悪くない。
しかし、耐久力の低さや子分が使う”メラゾーマ”に弱いという問題を抱えている為、安定した活躍が期待できるとは言い難い。もう少し耐久力のあるモンスターがいるのであれば、そちらの方が良いだろう。
バルバルー出現
”バギマ”を覚えている為、バルブレード2体の弱点を突く事ができる。しかし、バルバルーに対してはバギ系が通用しない為、少し無駄が生じてしまう。
耐久力の低さも問題で、運悪く2,3体に攻撃されてしまうとあっさり落ちてしまう。会心が出たり”バイキルト”が乗っていたりすると更に不安定になる。攻撃手段が無いからと回復役を任せようにも、その不安定さは安定周回には向いていないと言わざるを得ない。
ちなみに、バルバルーの”まふうじのまい”で呪文を封じられた場合、本当に何もできなくなる。バルブレードの”まどろみ斬り”で寝易い点も含めて、やはり適性があるとは言い難い。
カカロン出現
”べギラマ”を使えばカカロンの弱点を突く事が可能。”ぶきみな光”を使えるモンスターを入れて、呪文効果を最大まで発揮できるようにしておけば、しっかりとアタッカーをやってくれる。
問題は耐久力の低さ。”はげしいビンタ”で会心が出ようものなら即落ちする。カカロンフードの”アシッドブレス”で防御力が下げられていた場合には、会心が出なかったとしても落ちる可能性がある(2,3回”はげしいビンタ”が当たった場合)
こちらがやられない事が前提であれば回復役としてもアタッカーとしても十分な働きが期待できるが、やはりこの耐久力の低さは無視できない。
ドメディ出現
ドメディは耐性が恵まれている為、ドメディに効果的な呪文がほとんど無い。故にアタッカーとして貢献するのは難しく、やれることと言えば”ベホイミ””ピオリム”といった回復と補助くらいなもの。ひつじ達に効果的な呪文は覚えられるが、ひつじ達の耐性はランダムな為、周回時に安定して削れるとは言い難い。やはりここは削りを他のモンスターに任せ、サポートに回る方が良いだろう。
そしてここでも問題になるのが耐久力の低さ。”マジックバリア”で呪文耐性を上げていなかった場合には”マダンテ”で即死するレベルの耐久力しか無く、例え”マジックバリア”で軽減できたとしても早く回復しなければひつじ達の攻撃で落とされる可能性がある。
安定周回をしたいのであれば、”ベホマラー”を使えるもう少し耐久力の高いモンスターを起用した方が良いかもしれない。
マガルギ出現
 

■転生素材

デスプリースト
king-egg-sking-egg-srainbow-egg-sjeneral-egg-semperor-egg-s
とくぎてんせい
master-egg-spoison-egg-sbone-egg-sbuchi-egg-sking-egg-s

■まとめ

”賢さに特化したモンスター”と言えば聞こえは良いですが、やはりこの耐久力は致命的なレベルです。最近では敵の攻撃も激化している為、昔以上に耐久力の問題が浮き彫りになってきました。
転生後もこの耐久力の問題は解決されませんが、それでも今よりは多少耐久力が上がりますし、”ザオリク”という便利魔法と高MPのおかげで生き残る道は残っています。転生させても使う場面が限定的ではありますが、余裕があれば転生させておきましょう。バギ系やヒャド系が強力な敵が出現した際には活躍が見込めます。
オススメ特技は「ライデイン、ベホイミ、べギラマ」(限定卵除外)

■転生後

デスプリーストの性能とオススメ特技

目次へ戻る

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 ゲームブログ スマホ・携帯アプリゲームへ


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。