アクセスランキング

お知らせ
【私的連絡】ブログ移転しました
過去記事は引き継がないので、こちらも残しておきます。
【私的連絡】更新はtwitterでお知らせしています。フォローはこちら↓


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【パズドラ】『ゴエティア』『アルス=ノウァ』はガチャ限に!何だか評判が悪い様子

goeno

一昨日~昨日にかけて発表されていた”魔導書シリーズ”ですが、『アルマデル』を除いた二体は12月5日からガチャで出る事が発表されました。
個人的には欲しいのですが、評判が…少し見てみましょう。

■ガチャに追加が発表!反応は?

  • あれ?二体だけ?
  • 今回の追加って何がしたいんだ?
  • またガチャに追加かよ
  • ゴミ追加は勘弁
  • どうせ後日また追加するんだろ。でそっちと合わせて超絶x3
  • なんかすごいやり方だな
  • カワイイキャラが多いのはいいんだけど、逆にどうでも良くなってきた
  • 魔道書は誰得なんだ?
  • ドロップ強化推しうざい

■こういった情報があるのはご存じですか?

ネットゲームの推移を書いた物が以前ありました。
これを見てみると…

ph.1 初期-サービス開始期(約1年間)
ユーザの立ち位置:運営の良き理解者
・アップデートミス・バグ・鯖落ちにも寛容で、むしろ労う反応が多数を占める
・運営に疑問符を付けるユーザはいるが全体から見れば少数
・運営とユーザが和気藹々としており、することなす事が賞賛されユーザに受け入れられる
・運営の放つ冗談などがいちいちユーザの心をつかむという幸せ(はた目には異様)な時期
・ユーザ同士の交流も非常に良好


ph.2 成長期-プレイ人口増加期(約1年間)
ユーザの立ち位置:熱中
・運営に距離を置き疑問符を付けるユーザが一定数出現し始める
・鯖落ちなどに理解を示しつつも苦言を呈すユーザが徐々に増加
・絶許!謝罪と賠償アイテムを要求する!派もじわじわと勢力を伸ばし始める
・大多数は楽しめている状態でプレイ人口もまだまだ右肩上がり
・新たに始めた人が多く、各所に新鮮な言動が溢れておりゲーム内外の空気は良好
・まだ運営とユーザの間に目立った軋轢はない
・イベントなどは非常に注目され、些細なことでもユーザは喜んで享受しようとする


ph.3 最盛期(約1~2年間)
ユーザの立ち位置:ゲーム評論家
・運営方針やゲーム仕様に不満をもつユーザが一定数出現する
・ユーザ側も仕様に詳しい人が増加し、改善案を建設的に討議する派と
クソゲやってられねー派(でもやる派)が拮抗し始め各所を賑わす
・徐々に和気藹々とした空気はなくなるが、ゲーム自体は楽しめている層が依然大多数
・この頃既に鯖落ち時などは絶許勢が大勢を占め始める
・度重なる失態で運営も冗談などが徐々に言えなくなってくる
・ユーザ間でのつまらない罵り合いなどが目立ち始める
・プレイ人口はこの頃ピークを迎える
・イベントなどには依然、高い注目と期待が寄せられている


ph.4 安定期-緩やかな衰退期(約1~2年間)
ユーザの立ち位置:情熱ある敵対
・ph.3などで議論された内容からは斜め上、もしくは真逆のアップデートが続く
・さらに議論や口論がヒートアップする
・クソゲやってられねー派が大勢を占め始めるが、実際に辞める人はそれほど多くはない
・運営に対する辛辣な論調や「俺はもう諦めた」という意見表明も、
実は期待の裏返しであり熱はまだ冷めてない
・とはいえ新サービスなどに一旦人口を奪われるなどを繰り返すうちに
緩やかにプレイ人口が減少する
・各種オープンβを渡り歩き新たな移住先を求める動きが目立ち始める
・この頃になると運営も事務的な(いわゆるお役所的な)対応に終始し始め
関係は寒々しいものとなる
・本来ならば褒められる内容の運営の仕事であっても賛辞は少数となり、
逆に「今更・・・」と批判される
・ユーザ間の空気も排他的な傾向となり初心者にとって参入しづらい雰囲気が醸成されている


ph.5 衰退期-プレイ人口激減期
ユーザの立ち位置:賢者とゲームクリア者

・ph.4での運営とユーザとのすれ違いを何度も繰り返したことで、諦めと無関心が全体を覆う
・「やってられねー」と宣言することもなく無言でゲームクリアを迎える人が急激に増える
・まだプレイしている層は現状への不満はあるものの幾多の諦めを乗り越えて悟りを得ている
・運営やゲームへの関心は薄れ、アップデートやイベントでもユーザの反応は薄い
・運営の放つ人口減少対策はいずれも既に手遅れとなる
・残っているユーザは是非はともかくとして現在の運営を受け入れている層なので、
関係は一見悪くはないが、熱量は相当に低い
・人口減少による影響が各所で如実に表れ始め、一抹の寂しさを醸し出す


ph.6 第二安定期-低空飛行期
ユーザの立ち位置:残された村人

・一定数のユーザは存在している
・新規ユーザはほぼ見込めないのでリアル事情等で離脱していく相対的な減少は止められない
・新規参入者の数はほとんどないが、たまにいるととても目立つ格好となる
・概ね悟りを得た者が構成しているので感情の起伏は大きくなくある意味平和な時期といえる
・古き良き時代を懐かしむ懐古主義が微笑ましく語られる
・かつての隆盛を思い出しながら諸行無常プレイができる(なにそれ)
・運営とユーザの関係は良くも悪くも大人の関係となる


ph.7 終期
ユーザの立ち位置:ー

・ユーザの減少が続き閑散とする
・ユーザの減少によってゲームが成立しないことが多くなる
・サービス終了が秒読み段階に入っており、正式発表がいつあるのかのみが焦点となる

今、このph.4に入っているのではないか?という意見もあります。
たった2キャラが追加されただけなのですが、色々考えてしまいますね。
果たして今後のパズドラはどうなるのでしょうか。注目です。

気が向いたら拍手ボタンやランキングボタンを押していただけると嬉しいです↓

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 ゲームブログ スマホ・携帯アプリゲームへ


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。