アクセスランキング

お知らせ
【私的連絡】ブログ移転しました
過去記事は引き継がないので、こちらも残しておきます。
【私的連絡】更新はtwitterでお知らせしています。フォローはこちら↓


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【DQMSL】ゴッドバロンの性能とオススメ特技(更新)

rapojfjdaoi

スマホの方は横画面推奨

■ステータス

  ☆無 ☆1 ☆2 ☆3 ☆4
HP 530 552 575 598 621
MP 231 241 251 262 273
攻撃力 425 443 461 480 499
防御力 400 416 433 450 467
素早さ 411 429 447 465 484
賢さ 326 340 354 369 384
系統 物質 必要経験値(~lv80) 790,692 入手方法 ふくびき(A,S)

■耐性

メラ   ヒャド   ギラ   バギ 半減 イオ 半減
デイン   ドルマ 半減 ザキ   マホトン   マヌーサ 半減
無効 眠り 半減 混乱 弱い マヒ 半減 息封じ  

■特技&特性

特技 習得レベル 消費MP
しっぷうづき 12 18
ボミオスブレード 21 34
特性
AI2回行動
ひん死で会心
リーダー特性
物質 素早さ+18%

■卵で付けられる特技

(木馬の騎士→ドンガンバ、ドンガンバ→ゴッドバロン時限定)

godbaron-skills

*タマゴロンの隠れ家限定
★イベントミッション限定(再開催まで入手不可)
☆通常ミッション限定(入手は1つだけ)
入手先一覧はこちら

■用途別評価

評価 一言
究極転生への道 ☆☆☆★★
★★★★★
MPが少ない為、道中はほとんど素殴りで進めて行くことになる。素殴りと聞くと火力不足を感じるかもしれないが、AI2回行動とそこそこの攻撃力がある為、攻撃力+系のリーダー、フレンドで挟めば申し分ない削りをしてくれる。
”ホーリーラッシュ”を引き継いでいれば、道中の敵の弱点を突く事も出来る。素殴りで進めつつ余裕があれば使っても良い。
耐性面では、てっきゅうまじん戦の”メダパニダンス”の混乱に弱い点が気になる。逆に、それ以外には問題になる耐性は無い。初戦の【混乱→味方に会心】という事故リスクを許容できないのなら、他のモンスターをオススメする。
クシャラミ降臨 ☆☆☆★★
★★★★★
クシャラミには”こんしん斬り”、子分には”ホーリーラッシュ”を使う事でコンスタントに削っていける。降臨戦は短期決戦になる為、MPの低さが問題にならないのは嬉しい。
ここでも問題になるのは混乱耐性の低さ。子分が使う”メダパニダンス”で混乱させられた場合、2ラウンド目以降に足を引っ張る可能性がある。もちろん、使われる可能性、混乱状態に陥る可能性は運が絡む為、リスクを共用できるかどうかは自己判断で。
バルバルー降臨 ☆☆★★★
★★★★★
ほぼ物理戦になるバルバルー戦では、物理攻撃型のモンスターは相性が良い。
基本的にはバルバルーに対して”こんしん斬り”連打か、”やいばくだき”での攻撃力ダウン狙いをしているだけで良い。MP消費量が気になるが、早めに戦闘を終わらせればMPを使いきる前には終わるはず。
バルバルーの”ポイズンブレード”による毒に完全な耐性を持っているのは高評価。ただ、バルブレードの”メダパニ斬り”で混乱し易いという一面を持っている点も忘れては行けない。
カカロン降臨 ☆☆☆★★
★★★★★
他の物理攻撃型モンスター同様に、カカロンの”シャインスコール”によるマヌーサ状態付与が恐ろしい。
もしも特技を斬撃系で固めてしまっていた場合、マヌーサ状態になってしまっては何もやる事が無くなってしまう。”ピオリム”を覚えさせておけば最低限の働きはできる為、”ピオリム”を覚えさせる事を検討してみると良い。”ピオリム”を覚えさせても闘技場での使い勝手が悪くなる事は無い。
マヌーサ状態になった事を前提に書いたが、一応マヌーサ状態に半減の耐性を持っている。マヌーサ状態にならない事を祈って、斬撃特技で固めるのも悪くない。
ドメディ降臨 ☆☆★★★
★★★★★
弱点耐性を持たないドメディには物理攻撃が有効。重要なのは一度目の”マダンテ”を耐え、次の”マダンテ”までに削りきる火力なので、攻撃力が高めのゴッドバロンとの相性はまずまず。
”やいばくだき”で物理攻撃主体のひつじの攻撃力下げ、ドメディの”ディバインスペル”の威力下げを狙うのも良いが、全体攻撃故にダメージが分散してしまう。ドメディ1体に集中攻撃できるメンバーが揃っていないのであれば、ドメディに”こんしん斬り”を連打しておいた方が良い。
眠り耐性がそこそこ高い(半減)は評価できるが、ひつじの”あやしいひとみ”は半減程度なら高確率で眠ってしまう。過信は禁物。すぐに殴られて起きるので問題無い事も多いが。
闘技場用に”マジックバリア”を覚えさせていた場合は、最初の2ラウンドで”マジックバリア”を2回使わせると良い。”マダンテ”が飛んでくる前に受け止める態勢が整う。
闘技場 ☆☆★★★
★★★★★
飛びぬけた素早さと最速行動の”しっぷうづき”が武器。物質系モンスターが豊富ならリーダー特性も武器になる。
ただ、”しっぷうづき”は思いの外使い辛い。ギリギリ倒し損ねた相手側の高速モンスターを沈める場合くらいしか使えない為、普段は”ピオリム””ボミオスブレード”を使っていくことになるだろう。
”マジックバリア””マインドバリア”辺りも相性が良いものの、限定卵を使用しなければいけない。”マジックバリア”の卵を2つ持っているのなら付けてしまっても良いかもしれないが、”マインドバリア”は慎重に判断したい。

■転生素材

とくぎてんせい
master-egg-smeka-egg-sgorem-egg-sdevil-egg-sking-egg-s

■まとめ

ランクSSに転生する前から高い素早さに注目した一部のプレイヤーに人気がありました。ランクSSに転生した事で”ボミオスブレード”という強力な特技と更なる素早さを得た為、ドンガンバ時代から好きだったプレイヤーは歓喜でしょう。
通常時はとにかく混乱さえしなければしっかり削ってくれますし、闘技場では高い素早さで”ピオリム”なり補助呪文なりで活躍してくれます。汎用性の高さはなかなかのものですね。
恐らく最大の武器はこの強さでありながら☆を付けやすい事。☆無しでは魔剣士ピサロに素早さが負けていますが、☆1になるだけでひっくり返ります。☆4まで上げきってしまえば相当の廃課金以外を除いて1番最初に動けるので、ちょっとした満足感が得られるはずです。(そのうち更なる上が出るでしょうが)
オススメ特技は「こんしん斬り、ホーリーラッシュ、ピオリム、やいばくだき」(限定卵除外)
限定卵を使用するのであれば、”マインドバリア””マジックバリア”もオススメします。

■転生前

ドンガンバの性能とオススメ特技

目次へ戻る

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 ゲームブログ スマホ・携帯アプリゲームへ


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。