アクセスランキング

お知らせ
【私的連絡】ブログ移転しました
過去記事は引き継がないので、こちらも残しておきます。
【私的連絡】更新はtwitterでお知らせしています。フォローはこちら↓


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【DQMSL】魔剣神レパルドの性能とオススメ特技(更新)

dodoafja

スマホの方は横画面推奨

■ステータス

  ☆無 ☆1 ☆2 ☆3 ☆4
HP 576 600 624 649 674
MP 221 231 241 251 262
攻撃力 449 467 486 505 525
防御力 384 400 416 433 450
素早さ 408 426 444 462 481
賢さ 312 326 340 354 369
系統 魔獣 必要経験値(~lv80) 734,214 入手方法 ふくびき(S)

■耐性

メラ 無効 ヒャド 弱い ギラ   バギ   イオ 無効
デイン   ドルマ 半減 ザキ 無効 マホトン   マヌーサ 半減
  眠り 弱い 混乱   マヒ 半減 息封じ  

■特技&特性

特技 習得レベル 消費MP
神速の剣技 19 36
蒼天魔斬 21 38
特性
AI2回行動
会心出やすい
リーダー特性
魔獣系 HP,素早さ+15%

■卵で付けられる特技

(ギュメイ将軍→魔剣神レパルド時限定)

reopard-skills

*タマゴロンの隠れ家限定
★イベントミッション限定(再開催まで入手不可)
☆通常ミッション限定(入手は1つだけ)
入手先一覧はこちら

■用途別評価

評価 一言
究極転生への道 ☆☆★★★
★★★★★
MPが低い為、道中ではほとんど素殴りをしていくことになる。
素殴りと言えど、AI2回行動&会心出やすい&高攻撃力はそれだけで武器になる。攻撃力+系のリーダーとフレンドで挟めば素殴りだけでも問題無い。
耐性面ではヒャド系に弱いのが少し引っかかる。出現個所の多いブラックドラゴンの”こごえる吹雪”に弱いというのは無視できない。
ただ、ヘルバトラー戦では”はげしい炎””イオラ”を完全に無効化できるという一面もある。戦闘によって受けるダメージの幅が大きいのを覚えておきたい。
クシャラミ降臨 ☆☆★★★
★★★★★
高い攻撃力と”神速の剣技”でごり押しできる。低すぎるMPも短期決戦になる降臨戦ではさほど気にならない。
残念ながら”蒼天魔斬”の麻痺はクシャラミに通用しない。しかし、子分には問題無く通る為、1ラウンド目に試しに放りこんでみるのも悪くない。
使ってくる頻度は高くないが、子分の”メラゾーマ”に完全な耐性を持っている事も地味に嬉しい。
バルバルー降臨 ☆★★★★
★★★★★
ほぼ物理戦になるバルバルー戦では、高火力の物理型モンスターは相性が良い。
ここも”神速の剣技”を連打しているだけで終わる。”蒼天魔斬”で全体削りをするのも良いが、バルバルーに麻痺は通用しない。
使ってくる頻度は高く無いが、バルブレードの”まどろみ斬り”の眠りに弱い点は気に留めておく事。寝てしまってもそのラウンド内で起こされたりする事もあるので、覚えておく程度で良い。
カカロン降臨 ☆☆☆★★
★★★★★
他の物理攻撃型モンスター同様、カカロンの”シャインスコール”によるマヌーサ状態が怖い。
マヌーサ状態に対して半減の耐性を持っているものの、マヌーサ状態になってしまうとやれる事が無くなってしまう。もちろん、補助系の呪文を覚えさせていれば問題無いが、大半のプレイヤーは斬撃系特技で埋め尽くしているはず。
マヌーサ状態になる前に倒す。マヌーサ状態にならない事を祈る。と言うのであればそのままで良いが、マヌーサ状態になってからも無駄な空振りをしたく無いのであれば”ピオリム”辺りは覚えさせておいた方が良い。
マヌーサ状態になっていなければ、ひたすら”神速の剣技”を連打しているだけでOK。”蒼天魔斬”の麻痺はカカロンには通用しない。
ドメディ降臨 ☆☆★★★
★★★★★
ドメディを迅速に倒す必要がある為、1ラウンド辺りの火力が高い”神速の剣技”が役に立つ。ひたすら”神速の剣技”を連打しているだけで終わると言っても良い。
ひつじの使う”あやしいひとみ”による眠りに弱い一面があるが、そもそも”あやしいひとみ”の眠り付与が異常に強力な為、睡眠無効でもない限りほぼ寝てしまう。眠り耐性の低さはさほど気にしなくて良い。
闘技場 ☆☆★★★
★★★★★
早い行動順で繰り出せる”蒼天魔斬”は強力。初手いきなり相手のモンスターを数体麻痺にしてしまえば、あっさりと勝つ事ができる。例え麻痺が入らなくとも、全体攻撃としてしっかり削ってくれる。
相手に最優先で倒す必要な敵(ドメディ等)がいる場合には、”神速の剣技”を使って潰す事もできる。相手のパーティによって特技を使い訳できるのは高評価。
問題はヒャド耐性の低さ。キラーマシン2や魔剣神レパルドが相手のパーティに混ざっていた場合は”マヒャド斬り”を受ける覚悟が必要になる。最悪、キラーマシン2は先に潰してしまえば良いが、魔剣神レパルド同士がぶつかった場合は運が絡む。

■転生素材

とくぎてんせい
master-egg-stask-egg-sbear-egg-sgorem-egg-sking-egg-s

■まとめ

廉価版の魔剣士ピサロ。ステータスや耐性は魔剣士ピサロに劣っていますが、特技は恵まれています。
ステータス云々よりは、魔剣士ピサロよりも手に入り易い事が最大の武器でしょう。☆を付ければ当然魔剣士ピサロよりも早くなり、火力も高くなります。魔剣士ピサロを☆4にしてしまうような廃課金の方には『魔剣士ピサロで良くね?』と言われてしまうかもしれませんが、通常のプレイヤーなら☆無ピサロが限界のはず。
瞬間的な火力を出す必要がある戦闘ではMPの低さは問題にならず、瞬間的な火力が不要なダンジョンでは素殴りでOKです。汎用性の高さも魅力ですね。
オススメ特技は「マヒャド斬り、大魔神斬り」(限定卵除外)
”ピオリム”は他に”ピオリム”要員がいない場合にのみオススメできます。
限定卵ではありますが、魔剣神レオパルド同士にぶつかった事を想定して”斬撃よそく”も面白いでしょう。(マヒャド斬り返し)

■転生前

ギュメイ将軍の性能とオススメ特技

目次へ戻る

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加 にほんブログ村 ゲームブログ スマホ・携帯アプリゲームへ


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。